いきいきKAN 知りたい富山の観光と物産のことがよくわかる

 

いきいきKAN概要

■ 富山観光物産センターの概要

名 称 一般財団法人 富山観光物産センター(理事長:今本雅祥)
所 在 地 〒930-0002 富山市新富町一丁目2番3号(富山駅前CiC5階)
土地 371.53平米(共有部分)《参考:ビル全体面積 4,910.70平米》
建物 2,991.28平米(5階 2,860.65平米、6階 130.63平米)
鉄骨鉄筋造 地下1階地上15階 この内5階部分及び6階の一部を取得
《参考:ビル全体述床面積 31,918.21平米》
建設費用 22,5億円
設立 平成3年5月28日   開業 平成4年3月19日
基本財産 55,000千円
(富山市、富山県、富山県市町村会館管理組合、富山商工会議所、富山県商工会議所連合会、富山県商工会連合会の出捐金による)

■ センターの概要

 富山駅前街区は、戦後の戦災復興による大規模な都市基盤整備が行われ、交通の拠点として重要な役割を果たしてきましたが、急激な都市環境の変化への対応、都市機能面等からも十分整備されていない状況にありました。
このような状況の中で、土地の合理的、かつ、健全な高度利用及び商業近代化を図るとともに、駅前街区と機能分担し、一体となって県都の玄関口として魅力ある街づくりを目指し、昭和55年(1980)に再開発事業がスタートしました。
昭和61年(1986)、富山市総合計画に富山駅前に観光と物産の振興を図るため、センターの開設が位置付けられ、その後、富山県・富山市の観光の振興、地場産業の振興の拠点とすることを目的に再開発ビル5階部分を取得し、富山観光物産センターを設置することとしました。  
このセンターは、公益性が高いところから公共団体が中心となりながら、民間が参加した第3セクターとして財団法人富山観光物産センターが設置され、愛称を「いきいきKAN」と命名されましたいきいきKANには、県内の物産の展示・販売を行う「富山県いきいき物産株式会社」等が入居して平成4年(1992)3月にオープンし、平成15年(2003)のリニューアルの際には、薬膳カフェの春々堂が新たに入居しました。
富山へ訪れる観光客の利便性や観光情報の提供に努め、同時に財団の自主イベントを開催するなど、富山駅前の賑わいの創出にも貢献しています。



ページトップヘ

 
 一般財団法人 とやま観光物産センター 〒930-0002 富山市新富町一丁目2番3号 TEL.076-444-7120  Copyright(C)IKIIKI-KAN.All rights reserved.